異業種に転職する人が注意すべきポイントとは?

異業種に転職する人が注意すべきポイント

異業種に転職する人が注意すべきポイントとは?

これまで勤めていた仕事とは大きく異なる異業種に勤める場合、企業側は「どうして?」と思われることが殆どです。
企業の疑問にしっかりと答えないと採用を見送られるので注意が必要です。

今回は、異業種に転職する人が注意すべきポイントについて紹介していきます。

どうしてこの仕事に?

企業は、異業種からの転職者に「なぜ、この人はわざわざ異なる業種に応募してきたのか?」という疑問を必ずもたれます。
経験を次に生かすというのが転職の際のセオリーなので、全く生かせないような仕事からの転職というのは企業側からすると違和感があるのです。

また、異業種から応募してきた際、即戦力にはなって貰えないだろうという評価を下されるので基本的に異業種の転職はネガティブに捕らえられがちです。

異業種へ転職する際の注意ポイント

異業種からの転職をする際、絶対に抑えるべきポイント「なぜこの業種」なのかを具体的に伝える事を心がけてください。
一番やってはいけないのが、今の仕事が合わなくて心機一転新しい仕事にチャレンジしてみようと思った。という理由は企業側が最も嫌います。

今の仕事が合わなくて心機一転新しい仕事にチャレンジしてみようと思ったという人は採用しても合わなければまた転職を繰り返す可能性が十分に高いからです。

次のポイントは、異業種に挑戦しようと決めたなら退職までの期間の間に次の仕事に関する資格や技術を身につけてそれを披露できるようにポートフォリオを作成しておくと理想的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
異業種に転職する人が注意すべきポイントについて紹介させて頂きました。

異業種からの応募者は、煙たがられることが大半なので応募者はしっかりとした準備が必要になってきます。
実績や実務経験が無くても、独学で教養がある事を示すことが出来ると採用率もグンと上がります。

新しいことへ挑戦したいと思う気持ちはポジティブですが、0からスタートの人を受け入れるというのは企業側からするとデメリットの方が多いのでそこをどうやって帳尻合わせるかが重要です。

もう転職したい仕事が決まっているなら、空いた時間でその仕事に関することを勉強したり資格を取って転職に備え始めましょう。

最近のブログ記事

履歴書と職務経歴書の…

履歴書と職務経歴書の…

アルバイトをしていた学生の頃と違い、社会人になって転職する際、履歴…

不動産業界の歩き方フ…

不動産業界の歩き方フ…

不動産業界には、「フルコミッション」と呼ばれる制度があります。

働き方を衣替えする!…

働き方を衣替えする!…

これまで日本では、雇用の形が「終身雇用」をスタンダードな働き方とし…

転職する際の注意点

転職する際の注意点

転職を考えた時、いざ動く時なにを気をつければいいのか、わからない方…

正社員は仕事を掛け持…

正社員は仕事を掛け持…

正社員は、安定していて保険などの加入も何不自由なく理想の働き方とし…

新しい働き方「リモー…

新しい働き方「リモー…

WEBサービスが発達して、近年では「リモートワーク」といったワークス…

pagetop